腰痛や脚のしびれを治療

病院

脊柱管狭窄症は脊柱内の神経が圧迫されて腰や脚に障害が出る病気で、加齢や重労働などが原因になります。鎮痛剤や物理療法のほか手術で治療することもありますが、適切な運動によるリハビリで症状の改善を期待できます。

詳細を確認する...

丈夫な足腰にするために

医者

脊柱管狭窄症は、加齢や足腰の酷使が原因なので、高齢者や長時間働く人が増えている現在では、治療の需要が高まっています。治療は手術でもおこなわれていますが、リハビリも有効と言われています。特にコルセットを着用した上でのストレッチや、フィットネス用のバイクによるリハビリは、よくおこなわれています。

詳細を確認する...

様々な療法で治る可能性

病院

脊柱管狭窄症は、痛みやしびれによって長時間歩けなくなります。加齢によってなってしまうこともありますが、年齢のせいにせず病院で診てもらうとよいです。症状によりますが、軽いものならばリハビリで改善することができます。

詳細を確認する...

歩くと痛む腰を自分で対処

病院

歩き始めはなんともないのに、しばらく歩くと腰が痛くなったり足がしびれたりする脊柱管狭窄症。動かなければ痛くないし、痛くなっても前かがみで休めば痛みがなくなるので、何となく何もしないままという方も多いことでしょう。あまりにも症状が重い場合は医療的処置が必要になることもありますが、そこまで至らなければご自身でできるリハビリ効果が期待できる場合もあるようです。病院でよく勧められるのが、仰向けに寝たまま両足(または片足ずつ)の膝を抱えるリハビリ体操です。腰が気持ちよく伸び、人によっては腰の重い感じが、すっ、と楽になることもあるようです。また、小さめに丸めたバスタオルを床に置き、その上に寝ることで腰を伸ばすリハビリになります。このようにちょっとした工夫で費用も手間もかけずに、自宅で都合のいい時間に脊柱管狭窄症のリハビリを行うことができます。また、腰の痛みを、知らず知らずのうちに体の他の部分がカバーしている場合があります。この場合は直接腰とは関係ないようでも、カバーしていると思われる箇所のマッサージやストレッチをすることで不調が緩和されることもあるようです。

脊柱管狭窄症は、ある程度の年齢に達すると多かれ少なからだれにでも起こりうる症状です。だからこそ、費用も時間もかけずにできるストレッチタイプのリハビリが注目されているようです。また、お一人で、ベッドや布団などに寝た状態で気軽にちょっとした体操の感覚でできるため、重い決心をしなくても毎日続けて行うことができるというメリットも人気の理由のようです。脊柱管狭窄症による痛みの起こる場所は人それぞれで、外からほかの人が見ても(たとえお医者さんであっても)どこがどう痛むのかを知ることはできません。しかしご自身で行うリハビリならば、痛みの緩和をご自身で体感なさることができますので、より一層効果的なリハビリとして行えるというのも人気の理由としてあげられそうです。正しいリハビリを行なうためにも、病院へ行って医師の意見をよく聞くようにすることが大切です。